韓国のお嫁さんへの呼び方はたくさん!?家族親戚にもそれぞれ呼び方がある

結婚

韓国のドラマが好きな方ならご存知かもしれませんが、韓国では、家族や親戚の間の呼称が1人1人しっかりと決まっていることを知っていますか?

今回は韓国での家族・親戚間の呼称について、その中でも特に韓国のお嫁さんへの呼び方について紹介します。 結婚後、韓国に来たばかりでまだ慣れない方あるいは韓国人の彼と結婚を検討しているといった方などは、必見かも・・・? 

韓国在住が長い既婚者の方はもちろん知っていて、対応して来ていることですが、一度改めて読んでみて下さいね。

【韓国での身内呼称の面白いところ】呼び方でその人との間柄が分かる

例えば「おじさん」という言葉1つをとっても、「クンアジョシ」「サムチュン」「コモブ」「イモブ」あるいは「アジョシ」などたくさんありますが、これらは家族や親せきの間柄を示すものなのです。

日本では「おじさん」といった場合、「叔父さん」なのか、「伯父さん」なのか、あるいは見ず知らずの「おじさん」なのか、声に出している段階では分かりません。

漢字にしてみてわかるのがやっとですよね。

対して韓国の場合は、声に出して読んでいる段階で分かるのです!

「クンアジョシ(=父方の一番上の伯父さん)」
 「サムチュン(=母方の伯父さん)」 

といった風に、父母側の誰できょうだいの何番目に当たるのかまでが一瞬で分かるようになっているのです。分かりやすいですよね!

ここはまさに「ザ・韓国」というところ。

これにより間柄・立場関係やきょうだいの順番などがはっきりするようになっていて、「交通整理※」と言われる年齢についての確認のように、誰が年上でどの親戚に当たるのかもわかるので便利です。

日本と韓国では似た部分も多くありますが、全く異なるところが身内の呼称。家族や親戚中心、立場をはっきりさせる韓国ならではの呼称と言えるでしょう。

※交通整理
韓国では、知り合うとすぐ相手に年齢を尋ねます。そこで相手が自分より年が上か下か、上下関係が確認されるのです。
ノリット(遊び場・小さな公園)で子どもたちが初めて知り合い仲良くなる微笑ましい光景がよく見られますが、その中に、この交通整理がごく当然のように入りこんで来て、ちょっとびっくりすることもあるんですよ。

【今から知っておこう?】名節や冠婚葬祭などは呼称の嵐

日頃はそんなに関係ないのですが、義実家に行く際あるいは名節、冠婚葬祭などで一同に顔を会わせる際には、呼称の嵐となります。 

今はコロナ禍で少なくなっていますし、これからは少しずつ変わっていく可能性もあるとは言え、まだまだ韓国は日本に比べ一同に集まる機会が多いです。 だれをどう呼ぶかに多少慣れておく必要があるでしょう。 

相手の名前を覚えるよりも、その呼び方を覚える必要があるかもしれません。

とは言え、最初はずっとなかなか覚えられなかった筆者も、さすがに10年以上も韓国で暮らしていると嫌でも自然に使うようになりました。 最初から完璧にそこまで徹底することはありません。

これについては、まずは義家族はもちろんですが、親戚の人間関係を把握するようにしておけば問題ないでしょう。そのあたりがしっかり頭に入っていれば、呼称は後からついてきます!

次の画像は、私が10年以上前に多文化支援センターでもらったテキストの中身です。

古いしメモもしてあるため、見づらいですが、韓国人男性と結婚した多文化家庭と呼ばれる移住女性に対してのテキストにはこのような内容のページがあるのでチェックしてみて下さいね。

ここには、義家族(시댁가족/シデクカジョク)についての呼称が載っています。

なお、こちらは自分の家族(친정가족/チンジョンカジョク)についてのページです。お子さんが女の子の場合には知っておいた方が良いので一応載せてみました。

韓国のお嫁さんとしての呼ばれ方・相手の呼び方

さて、親戚関係全般は把握しておくくらいで良いと思いますが、問題はお嫁さんとしての呼ばれ方や呼び方です。

韓国へお嫁さんに入る場合には特に、自分がどう呼ばれるかについて多少知っておいた方が良いかもしれません。 

また、家によりますが、韓国では、まだ多くの家で名節やチェサ、キムジャンなど何かしら人が一同に集まる際には、台所でお嫁さん方やその他女性陣が一緒に作業するので、その時によく顔を合わせる親戚、お義母さんはもちろん、他のお嫁さん、おばさん方などについては少し呼び名を知っておくことをおすすめします。

お嫁さん(自分)の呼ばれ方


セアガ(새아가)←義父母が自分を呼ぶ場合

ヒョンス(형수)←義弟が自分を呼ぶ場合

ヒョンスニム(형수님)←義弟嫁が自分を呼ぶ場合

オルケ(올케)←義姉が自分を呼ぶ場合セオンニ・オルケオンニ(새언니・올케언니)←義妹が自分を呼ぶ場合


あるいは子どもが生まれたら「エギオンマ(애기엄마)」「〇〇(子どもの名前)オンマ」などとも呼ばれます。 私は最初の頃、自分が何と呼ばれるのか全く分かっていなかったので、皆から呼ばれているのに自分とは思わず、片っ端から全てを無視してしまっていた覚えがあります。

お嫁さん(自分)からの相手の呼び方(台所)

そのお宅の家族関係によって違ってきますが、女性陣についてならば、以下を押さえておけばどれか該当すると思います。 なお、全て下の記載は声に出して呼ぶ時のものです。

例えばお義母様を声に出して呼ぶ場合と誰かに紹介する場合とでは、「お母様」「この方は私の『義母』です」といった風に違いますよね。

ここでは、相手を呼ぶ場合の呼び方をご紹介しています。 


  1. 어머님(お母様)…最も覚える必要がある言葉ですね。でもこれは実母でも義母でも同じ「オモニム」です。
  1. 형님(夫の兄嫁)…ヒョンニム。あるいは自分の子ども目線で「큰엄마(クンオンマ)」。
  1. 형님(夫の姉)…ヒョンニム。あるいは自分の子ども目線で「コモ(伯母さん)」。
  1. 동서(夫の弟嫁)…ドンソ。あるいは自分の子ども目線で「자금엄마(チャグンオンマ」。
  1. 아가씨(夫の妹)…アガシ。あるいは自分の子ども目線で「고모(コモ・叔母さん)」。
  1. 고모(夫の父方のおば)コモ。人数が多ければ、その順番に応じて「クンコモ」「チャグンコモ」「셋째고모/セッチェコモ」など。

이모(夫の母方のおば)イモ。


まとめ|たくさんある呼称を身につけるということは

韓国の身内同士の呼称、本当にたくさんありますよね。

覚えられるかどうかはさておき、 結婚する方の場合、結婚してすぐの頃は一気に義家族や義親戚が増え相手を呼ぶ機会が増えます。

今は文章として知識的なものとして読んでいるこれらですが、結婚すると急にリアルな生活としての韓国語と変わりますので、どうぞ今のうちに少しずつ身につけておくことをおすすめします。

ライター( enju )

コメント

タイトルとURLをコピーしました