【2021永久保存版】韓国在住者が知っておいた方が良い「こころのケア」先3選

コロナ

韓国では先日突然寒くなり、秋から冬へと変わっています。 

冬の寒さが本当に厳しく、これまで以上に外に出にくくなる韓国。何となく気が重くなる時期な気がします。 

今回は、韓国在住者が知っておいた方が良いと思われる「こころのケア」先3選をお伝えします!元々、韓国在住というだけでもこういうところは誰でも知っておいた方が良いですし、ご存知の通りコロナ禍の今は、より一層心の重点的なケアが必要になります。 

「一家に一台」ではありませんが、常備薬ならぬ常備連絡先として登録しておくだけでも気持ちにゆとりが出るのではないかと思います。 実際に何かする訳ではなくても、知っておくだけでもおそらくずいぶん違います!どうぞご確認下さい。 

今回ご紹介するのは以下の3つです。

  1. こころのクリニック「맑은마음의원(澄んだ心医院)」(ソウル) 
  2. 外国人住民統合支援コールセンター 
  3. 海外こころのヘルプデスク24時

それでは1つ1つご紹介していきます。

こころのクリニック「맑은마음의원(澄んだ心医院)」(ソウル)

ソウルにある「맑은마음의원(澄んだ心医院)」です。「マルグンマウムイウォン」と読みます。「마음」は「こころ」という意味です。

ウェブサイトはこちら→ 맑은마음의원(澄んだ心医院)

住 所서울특별시 중구 다산로 138 5층 (신당동, 지우빌딩)  (약수역 3번출구 150m) 
(ソウル特別市 中区 多山路138 5階(新堂洞、ジウビル)(薬水駅3番出口150m) 
連絡先02-2238-3680
受付時間(月曜日) 午前 9:30~午後12:30/午後1:30~5:30
(火曜日) 午前 9:30~午後12:30/午後1:30~5:30
(水曜日) 午前 9:30~午後12:30         ※午後休診
(木曜日) 午前 9:30~午後12:30/午後1:30~5:30
(金曜日) 午前 9:30~午後12:30         ※午後休診
_______________________________________
(土曜日) 午前 9:30~午後 1:00          ※午後休診
(日曜日) ※休診

※その都度変更する可能性もあります。要ご確認
休 診◆水・金・土曜日は午後休診
◆日曜日休診

元々、Twitterでチュンさんのツイートにより知りました。

チュンさんの場合は、近くの病院にお母様に連れて行ってもらったことが通うきっかけとなったそうです。 院長についてお尋ねすると「病気のことを丁寧に教えてくれました。話し方も何だか安心させられるような話し方でした!」と教えて下さいました。 

(チュンさんは日本語がお上手です。最初、筆者はチュンさんを日本の方かと勘違いしてました)

チュンさんのTwitterアカウント

https://twitter.com/CHO0N?s=20

韓国の方がおすすめする「心の病気のかかりつけ医」。何だか安心出来そうな気がしますね。勿論、日本国内で日本在住者でも自分に合う病院やお医者様を探すのは難しく更に心のケアなのでより大変かもしれません。しかし、全く知らないよりも「こういうところもあるのか」と知るだけでも多少の安心感は得られると思うのです。 

残念ながら今回はソウル周辺の方のみとなりますが、他の良い病院やカウンセリングなども見つけ次第、またご紹介していきます。 

こういう情報こそ皆さんにお伝えすべきものだと思っています。チュンさんにご連絡し記事にとり上げる了解を頂き、今回ご紹介させて頂きました! 

外国人住民統合支援コールセンター

次にご紹介するのは外国人住民統合支援コールセンターです。前にTwitterで多くリツイートもされていたのでご存知の方も多いと思います。

※「忠清南道」とついていますが、コールセンターが忠清南道にあるだけで電話は韓国全土からつながりますので問題ありません。

外国人住民統合支援コールセンター番号(日本語)
【日本語直通】041-622-9317 
【全体】1522-1866+(日本語8)

こちらは筆者も利用したことがあります。丁寧な印象で懸命に対応して下さいました。 

専門の相手に重要な対応を依頼というよりは、「話を聞いて欲しい」「日本語でしゃべりたい」「分らないことの調べ物をして欲しい」という程度がちょうど良いかもしれません。 

日本人で連絡する人が少なく存続の危機に陥っていると聞いたことがあるので、「こんなことで電話しない方が良い」と判断なさらず、ささいなことでもご連絡された方が良いです!!

各コールセンター案内文

こちらは外国人住民統合支援センター全体のサイトです↓

忠南外国人住民統合支援センター

충남외국인주민통합지원콜센터
충남외국인주민통합지원콜센터

海外こころのヘルプデスク24時

(写真は携帯で見た場合の画面です)

海外こころのヘルプデスク

海外 こころのヘルプデスク24時
海外こころのヘルプデスク24時は、海外在住者と渡航前・帰国後の方がいつでも無料で利用できるこころの相談機関です。

最後にご紹介するのは「海外こころのヘルプデスク」です。 

筆者はこちらは利用した事ことはまだないのですが、前から名前は聞いていたことがありました。そこで、何か本当に困った時や追い詰められた時に利用可能な先かもしれないと、何となくどこかで名前を覚えていました。 

海外こころのヘルプデスクとは?

サイトで確認した内容についてご案内します(抜粋)。

◆「海外こころのヘルプデスク」とは? 

「海外こころのヘルプデスク24時」は、海外在住者と渡航前・帰国後の方のこころのケアにとりくむ海外在住者もしくは海外経験者により運営されている、ボランティアの非営利相談機関です(抜粋) 

 ◆「海外こころのヘルプデスク」のミッションとして 

「海外こころのヘルプデスク24時」のミッションは、海外在住者や渡航前・帰国後の方のための日本語のセイフティ・ネットを作ることです(抜粋) 今はオンラインを中心に行っているようで、メール相談も受付れているとのこと。 

◆どのような人が電話を受けるのか? 

「海外生活についてよく知る心理カウンセラーと相談員がお話をうかがいます」とありました。安心ですね。 

詳しくはサイトをご覧下さい→海外こころのヘルプデスク

海外在住者には特に/「傾聴」の重要性

サイトの中では「傾聴」を特に重んじているように書かれていました。 

海外・特に中でもおそらく韓国の場合は特に、「自分の話を聞いて欲しい」「自分を肯定して欲しい」「何も言わずにただ頷いて欲しい」という気持ちがあふれ出てくるように思います。「傾聴」の必要性をより強く感じていました。 その為、サイトで「傾聴」を重んじる旨を拝見し、さすが海外在住者や海外経験者を中心に行っているヘルプデスクだと、安心出来る印象を受けました。 

まとめ

いかがでしたか? いずれも何かの際に重要な相談先としてご紹介しました。 

私ども「らいふ@こりあ」も韓国在住者の方が困った時、すぐにお役に立てるようにと努力してはおりますが、情報とまた別に実際に相談する先やカウンセリングというのは本当に必要です。 

実際に連絡して頂くのも良し、「いつでも利用して良いのだ」と安心して頂けるお守りのようなものになっても良し。皆さんのお気持ちが楽になれるようであれば、筆者も本望です。 

ライター(enju)

コメント

タイトルとURLをコピーしました