【日本との違いは?】韓国のお葬式をまとめました

結婚

韓国の風習は日本と似ているようで異なりますが、同じように韓国のお葬式も日本とはまったく違うもの。実際に韓国のお葬式を体験してみて、進行の違いや期間の長さにびっくりの連続でした。

今回は韓国で遺族側、それも嫁の立場としてお葬式に参列してみて感じたことや体験したことを簡単にまとめてみました。少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

韓国のお葬式の大まかな流れ

私が参列したのは夫の祖母のお葬式です。韓国の伝統葬儀は3日葬(サミルチャン)と4日葬(サイルチャン)がありますが、参列したお葬式は3日葬でした。最近は3日葬のほうが一般的のようです。 伝統式の3日葬の場合の大まかな流れをご紹介します。

【1日目】 

  • 運棺 운구: 故人の遺体を葬儀場に移動する 
  • 収屍 수시:故人の衣服を新しいものに着替えさせて布団に安置する儀式 
  • サジャッバブ 사잣밥: ご飯3杯、酒1本、ナムル3種類、わらじ3足、お金などを故人に供える儀式 
  • 遺体の安置 
  • 故人の訃報の連絡や火葬場への連絡など 

【2日目】

  • ヨムスプ 염습:故人の体を清めてスイ(수의)と呼ばれる死装束に着替えさせる 
  • 飯含 반함:水に浸した米を故人の口に含ませる儀式 
  • 入棺 입관:遺体を棺に収める。故人の愛用品なども一緒に納める場合もあり 
  • 喪服の着用

男性の場合: 黒のスーツに麻で作られた喪章を腕に着用
女性の場合: 韓服の喪服に麻で作られたリボンを髪に留める

【3日目】

  • 出棺の儀式 발인:葬儀場から出る前にチェサを行う
  • 運棺:途中で亡くなった個人の家に遺族全員で訪れる場合もあり
     (火葬する場合:火葬場へ到着後、見送りの儀式の後に拾骨)
  • 墓地又は納骨堂に到着:棺または遺骨を納める 
  • チェサを行う 

【葬儀後】

  • 家によっては葬儀の翌日や3日後にチェサを行う場合がある 
  • 49日後もしくは100日後に日本の四十九日に当たる「タルサンチェ 탈상제」を行う

宗教や宗派により葬儀の方式が変わるため、すべてがこの通りとは限りません。一応の目安として考えていただければと思います。

韓国のお葬式で体験した「嫁」の仕事

私の場合、亡くなった夫の祖母から見ると「孫の嫁」という少し遠い立場。お葬式で行われる儀式は祖母の子どもたちと孫たち(義父や夫)が行い、私は出棺や火葬・納骨のチェサに参加する程度でした。 儀式に参加しないかわりに与えられた仕事が”弔問客への食事提供”。弔問を済ませた方に日本でいう「精進落とし」のような食事を出すのですが、これが想像以上の忙しさ。 

具体的にどんな仕事をしたのかというと、

  • 精進落としの食事の盛り付けとセッティング 
  • 弔問客への食事のサービング 
  • 酒類やジュースの準備とサービング 
  • 食事後のテーブルの片付けと食器下け 
  • 食器洗い 
  • 親戚みんなの食事のサービングと片付け 
  • 斎場の掃除

夫の両親や夫が弔問客の対応や葬儀上の手続きと調整をするので、私はその他の雑用を任された形です。

食事自体は葬儀場で作ってくれるのでそれを順に出すだけなのですが、なぜか忙しい! とにかく弔問客が昼夜問わず訪れるので(本当に深夜でも来る)バタバタと過ごしたのを覚えています。

ここがびっくり!きまりが多い韓国のお葬式

韓国のお葬式はきまりが多くて驚くことばかり。日本のお葬式とはだいぶ違う韓国のお葬式のきまりごとについてまとめてみました。 

① 遺族の多くが葬儀場に泊まり込む

お葬式の期間中、基本的に親戚みんなで葬儀場に泊まり込みます。 韓国では訃報を聞いたら時間関係なく駆けつけることがよいとされるため、昼夜を問わず弔問客が訪れてくるのです。

葬儀場には斎場のほかに遺族控え室が別に準備されており、そこで泊まり込むのですが少々困ったことが発生。 それは控室ひとつに親族みんなが休憩するので、人数が多すぎてスペース不足だったことでした。 弔問客がいないあいだは斎場の弔問客が食事をする場所で横になれましたが、体を休められないのはちょっと辛かったですね。 しかも我が家の場合、1歳の子連れ参列だったのですが、なんと深夜に子どもが大号泣。うるさいかもしれない、、と他の方に迷惑をかけてしまいました。 

2日目の夜からは義母の配慮で夫の実家に泊まることができましたが、葬儀場の泊まり込みは小さいお子さんにとって辛い環境。子連れの場合は、夫の両親と話し合って対応を決めておいたほうがよいかもしれません。

②化粧厳禁! 葬儀中に入浴してはいけない

葬儀中に入浴、洗髪してはいけないというのは韓国の古い風習のようです。

今ではあまり守られなくなってるようですが、葬儀を行った田舎ではバッチリ風習が残っていました。 

そもそも葬儀場に泊まり込み状態なので、シャワーもできないというのが正解なのですが、3日もシャワーを我慢するのはなかなか辛いですよね。 

我が家の場合、2日目に夫の実家に泊まったのですが、その際義母から「シャワーしちゃいなさい」と耳打ちされてこっそりとシャワーしました。 ご年配の親戚の方は、風習通りにシャワーもせずに3日間過ごしていらっしゃいました。お葬式が冬だったからよかったものの、もし夏だったらどうなるんだろうと考えてしまいます。 

また葬儀中の化粧厳禁は、弔いの雰囲気の中で華美になってはいけないためだそう。

私の場合、日焼け止めクリームだけ塗って過ごしました。 要は目立たなければいいので、どうすればいいか迷ったときは義母に相談してみるのがよいと思います。

③喪服よりも動きやすい服装がおすすめ

夫の祖母の訃報を聞いて駆けつけたときは、私はワンピースの喪服を着ていました。

しかし義母から「動きやすい服に着替えたほうがいいよ」と言われ、到着早々着替えることになりました。 そのあとは弔問客の対応と食事準備に追われることになったので、義母のアドバイスは大正解。

2日目には服の上から喪服を重ね着したので、着替えなかったら大変だったかもしれません。 

韓国はお葬式の服装について厳しくない印象です。喪服でなくても黒の服だったら大丈夫。特に嫁の立場ならば、仕事することを考慮して動きやすい服装で行くことをおすすめします。 

もちろん宗派や各家庭の方針によりお葬式の服装のきまりが違うはずです。まずはお葬式参列前に夫の両親に服装についてたずねてみるのがよいでしょう。

 ④火葬前に故人の家に寄る

我が家の場合、3日目の出棺の儀式後に火葬場に向かったのですが、その途中に祖母の住んでいた家に寄りました。 

親戚全員で車から降りて、祖母の家の庭をぐるっと回ってから再び車に乗って火葬場に向かいました。 これは故人が住んでいたところを訪れて故人を偲ぶという意味合いがあります。

もちろんこれも現在では各家庭の方針でやったりやらなかったりするそうです。

⑤泣くタイミングがある、マイクロバスで棺を運ぶ

ここからは韓国の葬儀文化で印象に残ったことや驚いたことをあげてみたいと思います。 

まず最初に葬儀で泣くタイミングがあることです。 夫の祖母は91歳でお亡くなりになったいわゆる”大往生”。お葬式は悲しみよりも長寿の祖母を偲ぶ雰囲気で、いたって和やかに進められました。 

しかし雰囲気が一変したのは、3日目の出棺の儀式「발인」から。 

 朝7時に親戚みんなでチェサを執り行ったのですが、さっきまでにこやかに談笑していたはずのクンオンマやチャグンオンマ達が突然「アイゴー、アイゴー!」と泣き始めたのです。 

もちろん悲しくて泣かれていたのもあると思うのですが、泣くことで追悼の意を表す韓国の儀式のひとつ「哭(コク)」と呼ばれるもののようでした。いざ出棺になるとピタッと泣き止んで、普通にマイクロバスに乗り込んでいきました。あまりの変わり身の早さに驚いたのはここだけの秘密です。


次にびっくりしたのが、みんなが乗り込むマイクロバスの荷台に棺を納めること。 

火葬場に向かうために棺を移動したのですが、向かったのが皆が乗り込むマイクロバス。てっきりバスの座席を倒して棺を置き、火葬場まで向かうのかなと思いきや… マイクロバスの座席下、スーツケースなど荷物を入れるあの荷物置き場に棺を納めているじゃありませんか!

棺を納めたら続々とそのマイクロバスに乗り込みます。棺と親族を一緒に運ぶのは合理的かもしれませんが、棺の上に座ってしまうようでなんとも複雑な気持ち。 お葬式により霊柩車を使用することもあるようですが、所変われば品変わる。こんなこともあるんだなと思いました。 

家によりだいぶ違う韓国のお葬式!まずは夫の両親や親戚に確認

今回は私が体験した韓国のお葬式、3日葬(サミルチャン)についてご紹介しました。家ごとに宗教や風習が違うように、お葬式にも家族の考えが反映されていると思います。 

お葬式で遺族の立場になる場合、まずは風習をよく知っている夫の両親や親戚に聞いてみるのが一番よいかもしれません。 

 また韓国の葬儀に関する基本情報は、喪主と遺族側や参列側のことも「韓国葬儀文化振興院」장사정보마당 のページ に詳しく書いてあります。 もしよかったら参考にしてみてくださいね。 

参考リンク

한국장례문화진흥원

한국장례문화진흥원

www.kfcpi.or.kr

ライター(安倍川もっち)

コメント

タイトルとURLをコピーしました