博物館へ行こう! ~安山市大阜島ガラス島博物館〜

韓国旅行

街にもお店にも人出が戻りはじめ、韓国もコロナの時代を取り戻すかのように活気づいてきました。そろそろ遠出したり、夏休みの旅行計画を立てたりしている人も少なくないのではないでしょうか。

梅雨入りしたとは言え、まだ雨も決して多くはないし、そろそろどこかに行きたくてうずうずしますよね。まだ学校の遠足や社会活動も少なく、子供たちはちょっと退屈そう…。家族みんなで文化的な生活をしたい!小学生の娘がいる我が家も、今まさに毎週末がそんな状態です。

今回は、そんな旅行計画にぴったりな子供も大人も楽しめる京畿道安山市大阜島にある유리섬박물관(ガラス島博物館)をご紹介します。

경기 안산시 단원구 부흥로 254 유리섬 TEL 032-885-6262 FAX 032-888-4419

安山市大阜島(안산시 대부도)はソウルから車で約2時間半ほどの西海にある島です。ブドウとカルグクスが有名で潮干狩りに来る観光客も多く、あちこちにキャンプ場やかわいいペンションがあります。

フォトジェニックなガラスの作品がたくさん

入場料を払って門を抜けると博物館前はかなり広い広場になっています。ちょっとした散歩道やブランコ、映画にまつわる彫刻やガラスの野菜を積んだ馬車、大きなガラスの作品などがあり、どれもとてもフォトジェニック。一つ一つが大きくてインパクトがあり、写真をとってる親子連れやカップルも大勢いました。

敷地内には博物館やミュージアムショップ、カフェやスナックショップ、小さな子供美術館等があり、吹きガラス工芸のショーや体験館もあるので時間を考えて回らねばなりません。

まずは外から見ていきましょう。

前方に見えるのがメインの美術館で、左側にはミュージアムショップと絵画の展示があります。ハートのベンチの上に立っているのは、ガラス島博物館のメインキャラクターのガラス人間です。

門の前にもとても大きなガラス人間がそびえたっていて、お迎えしてくれます。写真で見るより実物のほうがはるかに大きいので、ぜひ実際に体感していただきたいです。

韓国で大人気の星の王子様。ベンチ部分もガラスでできています。ガラスの玉の中には星の王子様にちなんだキツネやバラやバオバブの木も。

スナックショップの壁やベンチ、テーブルにもこんなぷっくりしたハッドグが。中には砂糖がまぶしてるのもあります。大きくてなかなかリアルです。ガラスでできたハッドグはなんだか韓国らしいですね。

残念ながら工事中で水がはられていませんでしたが、ガラスの花が咲き、ガラスの魚が泳いでいます。

小さな子供美術館には、子供絵画をもとに作った作品が展示されていました。子供たちの空想から生まれた絵画が、子供らしい部分を大いに残しながらもガラス工芸で立体的な作品に仕上がっています。大人では考えつかないようなどれもとても夢のある作品ばかり。

一通り写真を撮ったら、中に入ってみましょう。

ガラスで彩られた世界

博物館の中にもクリスタルで飾られた大きな彫刻、天井からピアノ線で吊ったガラス玉でできた立体的な馬の展示など、大きなものから小さなものまで作品が展示されています。年表もありガラスが韓国にどのように伝わり、どんな役割をしていたのかなども書かれていました。

展示の中でも、このガラスで作りこまれた海や鳥や動植物の世界が実に見事です。魚も鳥も虫も、図鑑の絵のようにリアルでとても美しいです。ポロロやシンプソンズなど、キャラクターの人形たちもいます。この展示ゾーンは上から全体を撮影することもできます。

手に届きそうな位置にあるので大人でもうっかり触って壊してしまいそうでちょっと怖いですが、そこまで近くで見ることができます。床に書かれた矢印に沿って展示を見ていくと他にも鏡の部屋や、座って撮影できるフォトスポットなど、博物館の中も撮影にとっても忙しいです。

博物館の中には吹きガラス工房があり、展示物はここで作られているようです。周りが観客席になっていてガラス工芸をショー形式で見せてくれます

何度も高温の釜に入れて出して、吹いて冷まして、ただの丸くて赤く光っていた塊は、職人の手によって少しずつ形を変えて、鳥になったりカタツムリになったり…。一つ一つ説明してもらいながらも、予想と違う場所が羽になったりくちばしになったりしてとても面白かったです。
 (毎日、11:30~12:00、14:30~15:00、16:30~17:00の三回公演されます。)

この工房では吹きガラス体験(7歳以上)や、指輪やコップなどが作れるカップル体験もできるそうです。(有料。オンライン予約可、作った作品は後日郵送)

ガラス工芸体験

ガラス工芸体験場ではランプワークショップでネックレスやキーホルダーの作成(7歳以上)ガラスコップの絵付けの体験(年齢制限なし)も有料でできます。我が家の7歳がキーホルダー作りにチャレンジしてみました。

どの色のどんな形のキーホルダーを作りたいのかを選び、サングラスをしたら早速チャレンジです。娘は緑とピンクのグラデーションを選択しました。

かなり高温のバーナーランプを使いますが、優しいスタッフさんの手ほどきでピンクと緑のガラス棒をとかしてくっつけて約20分ほどで、小さなキーホルダーが完成しました。

砂の中に入れて完全に冷めるのを待ったら、スタッフさんがキーホルダーの金具を付けて用意してくれます。自分で作ったキーホルダーは特別な思い出です。

おわりに

今回は安山市大阜島にあるガラス島博物館の紹介でした。いかがでしたでしょうか。散策して見学して体験して、たくさんのフォトスポットや思い出の品も作れて、大人も子供も思いっきり楽しめる素敵な博物館でした。

私は朝起きて急に行くことを決めてしまったので、工房の体験などは予定に入れられませんでしたが、次回は大人の体験もぜひやってみたいです。みなさんもぜひ夏休みや休日にガラス島博物館で遊んでみてはいかがでしょう。

ガラス島博物館(HPは韓国語)
・ 開館時間
  4月から9月  9:30~18:30
 10月から3月   9:30~18:00

※毎週月曜日と12月31日が休館日です。(月曜が祝日の場合は次の平日が休館日)

・入場料
   大人 10,000w
   青少年(13歳~18歳) 9,000w
   子供(3歳~12歳) 8,000w
   乳児(3歳未満) 無料
※他に団体料金や障害者割引あり

おまけ

大阜島と言えばカルグクスが有名で、あちこちに「元祖ハルモニカルグクス」というお店がたくさんあります。おいしいお店がたくさんあって何処に行くか迷ってしまいます。私たちは「ブドウ畑ハルモニカルグクス:포도밭할머니칼국수」に行きました。

포도밭할머니칼국수
  경기도 안산시 단원구 대부동 대부황금로 1394
  午後8:30 営業終了

海鮮たっぷりのカルグクスの鍋と一緒に出てきたのはなんとツボに入ったサンナクチ。鍋から出てきてしまうんじゃないかとドキドキします。

サンナクチも海鮮も柔らかくてすごくおいしかったです。こんな食べ方するカルグクスは初めてでした。ガラス島博物館にお立ち寄りの際は大阜島名物のカルグクスもぜひご賞味あれ^^

ライター(ちばちょごり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました