【日本の商品を韓国へ発送】御用聞きJAPANを使ってみた!体験談とリアルな口コミ

生活

日本から韓国まで商品を買って送ってもらいたい!でも家族や友人には頼みづらい……。その場合に役に立つのが海外発送サービスです。今回は数ある発送サービスから「御用聞きJAPAN」に商品の購入から海外発送まですべておまかせしてみました!

御用聞きJAPANの「コンシェルジュ」のことや利用してみてわかったメリット・デメリットについてもお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください。

御用聞きJAPANとは?

御用聞きJAPANは、海外在住の依頼者のかわりに日本の商品を購入し、海外まで発送してくれるサービスです。

日本の商品が欲しいとき、皆さんはどうしていらっしゃいますか?

筆者の場合、今まで実家の両親や友人にお願いしていました。しかし2021年1月からの「通関電子データ義務化」により、EMSなどの手書き伝票が禁止されると、両親から「荷物の送り方がわからないから無理」と言われてしまったのです。

このように事情があり家族や友人に頼むのが難しい場合、御用聞きJAPANにお願いするのもひとつの方法です。

また、毎回日本の親族や友人に荷物を頼むのもなんだか気がひけるもの。そんなときに気兼ねなく荷物の発送依頼ができるのは心強いですよね。

御用聞きJAPANと個人輸入、発送サービスとの違い

御用聞きJAPANと個人輸入、他社発送サービスの場合ではどのような違いがあるのでしょうか?筆者の個人輸入と他社発送サービスの利用経験をもとに、簡単な表にまとめてみました。

表にある通り、御用聞きJAPANでは一連の業務を「コンシェルジュ」が担当します。これは個人輸入にも他社サービスにもない御用聞きJAPANだけの特徴で、とても便利な存在なのです。

次の章では、「コンシェルジュ」についてもう少し深堀りします。

御用聞きJAPAN最大の特徴「コンシェルジュ」とは?

荷物依頼時のやりとりをするのが、御用聞きJAPANの「コンシェルジュ」さん。私たちの「これが欲しい!」をかなえるコンシェルジュとは、どんな存在なのでしょうか?

商品手配から発送までコンシェルジュにおまかせ

御用聞きJAPANではコンシェルジュさんが商品の買い付けと関税対策、海外発送まで一貫して対応します。基本的に荷物依頼時にコンシェルジュさんと連絡を取るだけ。あとは特別なことはせず、商品が到着するのを待つだけです。

ただし気をつけたいことがひとつ。高額商品の輸入や関税がかかるアイテム、アイテムと国際送料の累計が1万6666円以上の場合、依頼者が関税の手続きをしなければならない場合があります。詳しいことはコンシェルジュさんに相談してみてくださいね。

LINEで気軽に相談できる

依頼者とコンシェルジュさんとの連絡手段はなんとLINE。手軽で連絡が取りやすく、使い慣れているツールでやりとりできるのが嬉しいですよね。

LINEでのやり取りの場合、レスポンスが早いのがメリット。やり取りがスムーズなのでストレスフリーでお買い物依頼ができます。メッセージを確認したら既読がつくので、伝え漏れやチェック漏れがないのも利点です。

禁制品のチェックも万全

国際法に基づき海外発送できないと定められた商品が禁制品です。香水、花火やクラッカー、マニキュア、スプレー缶などが代表的なもの。そのほか国ごとに定められた禁制品があり、野菜や肉、果物や酒類などがあげられます。

では、韓国の場合の禁制品って何があるのかご存知ですか?よく知らないという方が多いのではないでしょうか。(実は筆者もよくわかっていません)

御用聞きJAPANでは、韓国に送りたい商品が禁制品かどうかを事前にしっかりチェック。禁制品に該当する商品の場合、購入できないことをちゃんと教えてくれるので安心です。

お客さんの願いをかなえる柔軟な対応

御用聞きJAPANは「お客様の希望に柔軟に応え、NOと言わないポリシー」がモットー。コンシェルジュさんと要相談ですが、以下のことも対応可能だそうです。

  • メルカリやヤフオクなどのフリマサイトでの代理購入
  • お客さんが自分で商品を購入後、受け取りと発送
  • 実家にある荷物を御用聞きJAPANまで送付後、発送
  • 店頭販売されている商品を直接店舗で買い付けてもらい発送

この場合、別途料金が加算されることがありますので、まずはコンシェルジュさんに相談してみてください。

御用聞きJAPANで実際に注文してみました!

いろいろと前置きが長くなってしまいましたが、実際に御用聞きJAPANに依頼をしてみました!筆者の場合、頼んだのは以下のものです。

・本
・ムヒの虫刺され薬
・ムヒかゆみ止めパッチ
・全国展開していない寒天製品(プリンの素、コーヒーゼリーの素、わらび餅の素)

蚊に刺されやすく韓国製の虫刺され薬が合わない筆者。市販薬の液体ムヒαが一番効くので帰国時にまとめ買いしていましたが、コロナ禍で手に入らず困っていました。

寒天食品は長野県で展開するローカル企業、かんてんぱぱ伊那食品のもの。はたして全国展開していない商品も韓国まで無事に届けられるのでしょうか?

LINEでコンシェルジュに依頼

まずは御用聞きJAPANのLINEに登録し、依頼したい商品について記入します。できれば品物名だけでなく画像とショップのURL付きで依頼すると手続きがスムーズに進みますよ。こちらが実際のやり取りです。

液体ムヒαは韓国まで発送可能なのか成分までチェックしてもらいます。結果、アルコールが入っているため不可と判明!

液体ムヒαの代わりに軟膏タイプのムヒαの成分を調べてもらいます。こちらは韓国発送可能とのことで手配をお願いしました。寒天製品はローカル商品でもネットショップがあるので3点全て手配可能との返答がありました。

見積もりをチェック、同意後に支払い

商品の依頼が終わったら見積もりです。発送先住所、氏名、電話番号、メールアドレスを伝えます。韓国までの発送方法もここで指定できるので一緒に依頼しましょう。筆者の場合、航空便(国際小包)を選択しました。

荷物の手配には通常、商品1点あたり350円+コンシェルジュ料7.5%がかかります。また決済手数料3.6%や、オプションをお願いしている場合は別途手数料がかかることも。見積もりに記載されている手数料もしっかりとチェックしましょう。

見積もりに同意すれば支払いに移ります。支払い方法はクレジットカード、デビットカードから選べます。支払いリンクが送られてくるのでクリックして支払えば手続きは完了です。

商品発送 → 商品受け取り

発送予定日にLINEでお知らせがあります。配送状況がわかるように追跡番号も合わせて教えてくれるのが嬉しいですよね。

実際に到着した商品はこちら。梱包がとても丁寧で、箱の外側も気泡緩衝材(プチプチ)でガードされているのには驚きました!商品も破損なく無事に届き、大満足です。

御用聞きJAPANを利用した正直な口コミとメリット・デメリット

今回御用聞きJAPANを実際に使ってみて、全体的には大満足なのですが少し気になる点もありました。忖度なく正直にメリット・デメリットをあげたいと思います。

使ってみてわかったメリット

  • 禁制品かどうかすぐにチェックしてくれる
  • 市販薬の海外発送の場合、成分によっては海外発送不可。成分をチェックして海外発送可能か教えてくれるので安心。
  • 全国展開していない地方の商品でも、ネットショップがあれば手配可能

商品を手配してもらえる際に、その商品が禁制品かチェックしてくれるのが良い点だと感じました。特に禁制品や関税について詳しくない場合、御用聞きJAPANのサービスはまさに「いたれりつくせり」です。

筆者の場合、依頼した市販薬の成分まで気にしていなかったので、成分の面から海外発送可能かどうか、しっかりと調べてもらえて心強かったです。

また全国展開していない地方の商品でも、ネットショップさえあれば手配してもらえるのが利点だと思います。おかげさまで久々に地元の味を楽しめました。

ここが気になるデメリット

  • 手数料とコンシェルジュ料がかかる
  • ショッピングサイトのポイントが使えない、貯められない場合がある
  • ショッピングサイトの送料に注意する

当たり前ですが、購入料金に手数料とコンシェルジュ料が加算されます。極力出費を抑えたい方、通関や関税、禁制品のルールをよく知っている方はあえて御用聞きJAPANのサービスを利用しなくても良いかもしれません。

また代理購入のため、楽天やAmazon、PAYPAYなどのショッピングサイトのポイントを貯める・使うことができません。しかしこれは商品購入は自分、発送のみ御用聞きJAPANに依頼すれば解決。まずはコンシェルジュさんに相談してみてください。

また、ショッピングサイトにより「○○円以上お買い上げの方は送料無料」キャンペーンをしています。規定金額以上なら送料無料でも、それ以下の場合は送料がかかってしまいます。購入金額が規定以下の場合、御用聞きJAPANまでの送料も支払い金額に追加されることをお忘れなく。

まとめ

今回、日本の商品を購入して韓国まで発送するサービス「御用聞きJAPAN」を利用してみて感じた口コミ、実際に体験してわかったメリット・デメリットをお伝えしました。

御用聞きJAPANの「コンシェルジュ」さんが商品の買い付けから発送まですべて行ってくれるだけでなく、禁制品や関税などのチェックも引き受けてくれて本当にストレスフリーでお買い物ができました

個人的には今後も依頼したいと思うサービスでした。次回は日本の限定コスメをお願いしようかなと検討中です。

この記事が日本の商品の発送サービスを検討している方へ、何かしらのお役に立てれば幸いです。

ライター(安倍川もっち)

コメント

タイトルとURLをコピーしました