【韓国の新食文化】ミールキットとは生協そのもの

生活

【韓国の新食文化】ミールキットとは生協そのもの

ここ最近韓国ではミールキットの人気が上がってきています。 

ミールキットとは、料理に合わせた材料が(メニューによってソースや麺、卵まで)必要なものすべて真空パックで梱包されており、レシピ通りに切ったり煮たり炒めると、あっという間に本格的な料理が完成するものです。ほとんどのメニューは10分以内で作れます。 

韓国は外食が安く、おかず屋さん、屋台も豊富で、普及が今いち進みませんでしが、この1年で爆発的に市場が広がりを見せました。 

イーマート、ロッテマート、ホームプラスなど主要な大型マートでも軒並みミールキットコーナーが出現し、種類も増え、広範囲のスペースを陣取っています。 

普及した理由

家族形態・住居環境の変化

理由の一つとして特に言えるのは、家族形態の大幅な変化です。
昨今アパートの建設ラッシュに伴い、両親と同居する家族が大幅に減少しています。
核家族が増え、少子化が進み、市場で大量の野菜を買う、一度に大量におかずやキムチを作るなどの韓国の伝統的な食スタイルが、時代の変化と合わなくなってきているのでしょう。
また食生活の欧米化により、従来の長く保存できる“作り置きのおかず”から若い世代が分離してきました。

ターゲット層の変化

今までは、共働き家庭や、仕事をしている独身世代が主な市場ターゲットでしたが、このコロナ禍で全国的に外食が減り、家で毎食を食べる事になった結果、割高なキットに抵抗を感じて購入を控えていた専業主婦層にもついに、ご飯作りを休みたいという需要が発生。
子供たちが学校も行けず、朝昼晩三食を作り、挙句の果てにはオンライン勤務になった父親までステイホームという家庭も多かったのではないでしょうか?(拙宅でございます泣) 

このコロナ禍を追い風にこの国の食文化の大きく締める割合になり、爆発的な市場拡大につながりました。 

結婚移民者の増加

筆者宅では、コロナとは別の要因でミールキットをいち早く取り入れるきっかけがありました。 

多文化センターという結婚移民の外国人をサポートするセンターから、名節(日本のお正月やお盆)につくる伝統料理のミールキットを移民者サポートにより送られて来たのです。

外国人の結婚移民者にとって、韓国料理は元よりですが、名節に華を添える料理はなじみも薄く、どのようなものが韓国人に好まれるのか、歴史や文化的な背景も想像しがたく全くのお手上げ状態。送ってくださったミールキットのおかげで、帰省できずに寂しい思いをした食卓が華やかに彩られました。 

コロナ禍で帰省もできない結婚移民者に対する多文化センターの細やかな取り組みは本当にいつも感謝でいっぱいです。 

今年も送って頂きました! 

今回はホームプラスで購入してきたスンデもつ鍋から、多文化センターでもらってきたミールキットを実際に使って作ってみました。

【ホームプラスで購入したミールキット】スンデもつ鍋

(購入場所:ホームプラス8990ウォン)

【材料】

①スンデ 

②もつ 

③辛鍋用スープ 

④玉ねぎ 

⑤ネギ 

⑥キャベツ 

⑦人参 

⑧エゴマの葉 

【作り方】

①野菜を流水で綺麗に洗う 

②銀鍋に水170㎖(紙コップ一杯)と材料全部を入れて5分間沸騰させる 

③完成♡
 

【 注意事項 】

  1. 最初から強火で調理しないこと 
  2. 銀鍋がとても熱くなるので気を付ける 
  3. 火力により調理時間は変わります 

とっても簡単に作れました!ホームプラスのスンデもつ鍋でぜひ料理してみて下さいね!

【多文化センターのミールキット】餃子作りセット

子供とお料理をつくるバージョンです。
(多文化センター提供:無料) 

【作り方】

1.みじん切り野菜を梱包のだしパックに入れて水気を抜く。 
2.ボールに野菜、ひき肉、タンメンを一緒に入れ、材料を均一によく混ぜる。 
3.よく混ぜたら醤油と胡椒で味付け。醤油や唐辛子粉は好みに応じて調節。 
4.材料を、約30分間冷蔵庫で寝かせる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
5.餃子の皮に材料をスプーンで乗せ、皮の周りにお湯をつけ餃子をきれいに包む。 
6.蒸し器に並べ入れ、強火の火で10分間餃子を蒸す。  

フライパンで焼いて食べてもOK。
残りは冷凍して、トックッやカルグクスに入れて食べると良いですね!

ミールキット店舗ができちゃった!

本記事をかいている中で、路面店のミールキット店舗がこんな田舎でもあちこちに出現してきたので、実際に行ってみました。

旺盛な国民需要を背景に、飲食業の空き店舗に続々と進出しています。
仕入れも調整でき、在庫も抱えず、コンパクトな女性の起業のブームになりそうですね。

韓国での流行とは、こういった起業をアシストする会社がすぐに出現するまでがセットです。店舗開業の広告もよく目につくようになりました。

在韓のお料理上手な方々、いかがでしょうか??ご検討お願いします!

 日本食やラーメンセットなどあったら是非とも購入したいです。こんな時代ですから、自分で作るとまた違う日本の味、自宅で気軽に楽しんでみたいですよね!

まとめ

韓国の新食文化であるミールキットを取り入れることで、以下のメリットがあげられました。

  • 共働き家庭にとっては献立を考え、材料を揃える手間が省かれる 
  • 核家族にとっては使いきれない大量の野菜を買わずに済む 

味付けが難しい方も、ミールキットを使えば簡単に納得して美味しい料理が作れるのです。
他にも、

  • 忙しく時間がない独身
  • 共働き世帯
  • 家事労働の疲労が限界になってきた主婦 
  • 料理が苦手な男性 
  • 韓国の味がわからない結婚移民者

など幅広い層に受け入れられ種類も増え成長しています。 

伝統的な食文化も大切にしながら、コロナ時代の生活スタイルに合わせて、ご飯作りも時々は楽をして
”食”を楽しんでいきましょう。

ライター(Leila)

コメント

タイトルとURLをコピーしました