まるでアイドルのチケッティング!?韓国でのTOPIK申請方法

ワーホリ

韓国留学している人なら誰でも留学中のひとつの目標である「TOPIK受験」!

就職やバイト、大学・大学院進学などの必須条件にあげられていますし、何より留学して自分の韓国語能力はどれくらいなのかを表すものとなりますので人気の高い試験です。

日本では公式サイトから申込→抽選結果を待つ方式ですが、韓国ではやり方が違います。

アイドルのチケッティング並みの大戦争でした。 申請日はわざわざPC방へ行ってチャレンジする方が多いそう。

今回は、意外と事前準備が必要なTOPIKについて、皆さんがスムーズに受験申請をできるように、やり方などについてまとめました!

これから受験をする方は特に必見ですよ!

TOPIK受験、韓国と日本の違い

TOPIK受験は韓国と日本だけでなく世界各国で受けることができますが、韓国では世界各国とのTOPIKの受け方に大きな違いがあるのです。

  • 韓国の方が開催回数が多いこと
  • 抽選ではなく先着順であること

以上の2つですが、全く違いますし開催回数が多いとうらやましい!と思う方もいるのではないでしょうか。

なんでここまで違いがあるのかも知りたいですよね。

では、ひとつずつ確認していきましょう!

【日本は3回!韓国は6回?!】韓国の方が開催回数が多い

日本では年3回に対し、韓国では倍の年6回開催されます。 開催数が多いので留学中に複数回チャレンジできるのはメリットですよね。

韓国企業への就職、大学・大学院への進学にTOPIK○級取得を条件とする場合がほとんどなので、そこを目指す方には必須となる試験だからこそ、韓国では日本の2倍の開催をしているのです。

開催月は年によって変わってきますが、およそ次の流れの通りです。

もし78回の予約を受けられなかったという方は次のチャンスは11月分の試験分!願書は9月7日からなので、もうすぐですよ!

【惜しくも抽選に外れてしまった…と嘆く必要はなし!】抽選ではなく先着順

受験申請で日本との大きな違いはもうひとつ、先着順であること! 近年コロナ禍の影響もあり、1会場あたりの受験者が抑えられたり、会場数が減ったりなどでより大変です。

日本では申請応募をして当落を待つ…ひたすら待つ…ですが、韓国では死にもの狂いの早い者勝ちです。

筆者も今回ソウルで受けたくて受験申請しましたが、HPで何度も弾かれ心が折れかけました。

地方はまだ大丈夫ですが、外国人留学生がソウルに集中することから脅しではなく、本当にソウル会場申請は地獄です。

【唯一共通点?どちらもほぼ同じ金額】受験料は変わりなし!

受験料については韓国で受けようが日本で受けようがあまり変わりないです。多少レートによる違いはありますがほぼ同じです。

韓国でのTOPIK申請は事前準備が大事!

知っておかないといざ申請当日になると慌ててしまうので、事前準備についてお伝えします。

会員登録

まずは一番大事な会員登録を済ませておきましょう。

全てに同意のチェックマークを入れて次にいきます。

次に画面のとおり「韓国国内に居住している日本人」であることを選択します。

認証方法は、「携帯・아이핀(アイピン)・Email」のうちいずれかを選択します。 認証が終われば会員登録完了です!

IDやパスワードは当日に入力しなくても済むように、PCやスマホに記憶させておくと便利ですよ!

試験会場をリサーチ

公式サイトの「시험장 현황」で試験会場を確認できます。

ソウルは恐ろしいスピードで埋まっていくので迷わず会場をクリックできるように地方も含め第3候補ぐらいは絞っておくことをおすすめします。

先日行われた第78回の申請では数日前にサイトリニューアルをしたせいか分かりませんが、当日にサーバーがダウンしてしまい、

  • 1日目 江原道、チェジュなどの地方
  • 2日目 光州、大邱、釜山などの地方
  • 3日目 ソウル
  • 4日目 全体

と、急きょ場所ごとに申請日を分けた申請受付となりました。

「ソウルはきっと無理」と最初から諦めてソウル近郊(仁川・京畿道)を選択された方も多く見受けられました。

いよいよ申請当日!重要ポイントは3つ

重要ポイントは3つです。

  • 朝からログインしておくこと
  • 写真申請は後回しでいい
  • 決済は仮想口座支払い

朝からログインしておくこと

例年朝9時から申請受付が開始されていましたが、第78回では10時からのスタートでした。

いずれにせよ朝起きたらまずログインしておくことをオススメします。

定刻ジャストに申請ボタンを踏めるように待機しておきましょう。 何百人、何千人、何万人と待機人数と時間が現れます。 いいところまで行ったのに最初のログインページに戻されることもあるので、ブラウザを複数立ち上げて置くことも大事です。

スマホからはSafariではなくNAVERからログインしておくといいそう!

写真申請は後回しでいい

無事会場選択が済んだら写真をアップロードする画面移りますが、後からでもできるのでこの時にしなくても大丈夫。早く決済画面まで行き完了させることが大事です。

ちなみに写真のサイズは413X532ピクセル, 200kb以下、jpgファイルです。

決済は仮想口座支払い

外国人留学生で韓国の口座も作ったし、チェックカード持っているからカードでもいけるのかと思いきやいけません。

가성겨좌」を選択して後から韓国の口座から受験料支払い口座に送金する手段を選びましょう

無事申請が完了したら入金先口座が記されたメールが届きます。

入金期日は翌日の18時までです。

お金をうっかり払い忘れてしまったらキャンセルとなってしまいますので忘れないでくださいね!

入金後は後回しにしておいた写真の登録と、もう一度氏名・生年月日に誤りがないかを確認しておきましょう。

間に合わなかった!でも諦めないで!

サクサクと迷いなく選択・入力をしておかないとあっという間に座席が埋まってしまいます。筆者もやっとログインできたと思ったら全て「마감(締切)」になっていました……。

でも諦めていけないのが、キャンセル分が出てくるから待っておくことです!

決済エラー、未入金キャンセルなどで席が復活する場合があります。 筆者の場合、ソウル会場申請日の午後14時45分頃に突如ソウル市内の全会場が受付状態になったことに気づき、急いで座席を掴み取りました!

それも数席ではなく何十席とかなりの戻り数があったと記憶しています。 なので一旦すべて마감の文字を見ても、ひたすらページの更新を繰り返していたらチャンスがありますので諦めないでください!

まとめ

受験大国と言われる韓国でTOPIKを受けるのは中々に大変ですが頑張りましょう!

思い切って旅行をかねつつ地方で受験するのもアリです(笑)

事前に会員登録 受験会場の絞り込み 写真は後回しで大丈夫 決済は仮想口座 キャンセル分を期待して諦めない 以上5つを知っておけば上手くいくかと思います……! 次回第79回の申請受付は9月7日 。

この記事が韓国でTOPIK受験を考えている方のお役に立てますように!

ライター(mikore)

コメント

タイトルとURLをコピーしました