大人も怖い!!韓国の超人気ゴーストアニメ「シンビアパート」

娯楽・趣味

韓国の子供大統領であるポロロをはじめ、ソウルのバスが活躍するタヨ、女の子が変身するシークレットジュジュなど、韓国に住み始めてから現地オリジナルアニメに出会うことが増え、育児の友としてもお世話になっています。

子供がオリニチブや幼稚園に行き始めると子供たち同士の影響も大きく、チャンネル権はすっかり子供のものになってしまいます。それもそのはず、韓国のケーブルチャンネルは子供チャンネルやアニメチャンネルがすごく多いので、24時間世界中のアニメが韓国語吹き替えや字幕(中には英語も)で見ることができ、別なチャンネル同士なのに同じアニメが再放送されていることもあってか子供のハートをしっかりつかんでしまいます。

その中でもTooniverseで木曜に放送の韓国のアニメ「シンビアパート」の人気は凄まじく、様々なコンテンツが楽しめ、またいろんなグッズやコラボがあり、韓国の一大産業では!?と思うほど。あまりにグッズが多くて避けようと頑張るけれど、どうしても出会ってしまい子供が欲しがって困るというママもいれば、おもちゃの人形を使って幼稚園の誕生日ケーキを注文するママも。

見てみるとなかなか面白くて韓国に来てからの約3年間、家族みんなで楽しんでいます。日本でもアマゾンプライムやGYAOで日本語吹き替え版が放送され人気が高まっています。今回はそんな韓国アニメ「シンビアパート」についてご紹介したいと思います。

「シンビアパート」とはどんなお話?

公式YouTubeチャンネルShinbi’s Haunted House – YouTubeより

主人公の女の子ハリは12歳。警察官のお母さん、主夫のお父さん、弟のドゥリと「シンビアパート」という古いアパートに引っ越してきます。ハリとドゥリはこのアパートに住むシンビというトッケビに出会い、シンビが持つ不思議な飴を食べるとお化け(귀신:日本語訳ではゴースト)が見えるようになってしまいます。このゴーストたちに立ち向かうために、いつでもシンビや退治したゴーストを呼び出せるゴーストボールをもらい、様々なゴーストたちに立ち向かっていきます。回を重ねるごとに、主人公やトッケビの仲間たちのほかに、退魔師のボーイフレンドや同級生たちが仲間になって一緒になって戦います。

登場するゴーストたちは日本でもおなじみの九尾のキツネや八尺様をはじめ、韓国由来のトッケビ、釜山で発見されたUMAチョンサンボムやヒトデではなく妖怪の方のプルガサリ(不可殺)、中国から伝わったヘチ、他にもギリシャ神話のメデューサやプエルトリコ代表チュパカブラ、ヨーロッパからは魔女など国際色豊かなゴーストたちが出てきます。

悲しい、切ない、でもめちゃくちゃ怖い

社会問題を風刺している部分もあり、孤独死したお年寄り夫婦だったり、誤って貯水タンクに落ちてしまった兄弟だったり、貧困に苦しめられたり人に傷つけられ亡くなったりしたゴーストたちはそれそれ悲しい事情を持っています。主人公たちはゴーストを召喚し戦いますが、最後はゴーストの過去に共感し救済します。しかし、そのゴースト達、大人でもびっくりしてしまうほど怖いです!わざわざ番組が始まる前にキャラクターたちが「おばけを本気で信じている子供はいないよね」「怖いなら友達や家族と一緒に見よう」とアナウンスしてくれるほどです。アニメのキャラクターが「おばけなんてない」と言ってくれるのは子供たちにも効果抜群です。我が家ではそれでも怖い時はそっとチャンネルを変えたり隠れたりします。

全部追いかけるのは不可能!?テレビ以外のコンテンツ

シンビアパートはテレビ以外にも楽しめるコンテンツが盛りだくさん。あまりに多くて全部を追いかけるのは難しいです。一つ一つを見ていくと幅広い年齢層のファンがいることがよくわかります。

・公式アプリ

・YouTube

・アプリゲーム

・ARカード

・コラボレーショングッズ

・ミュージカルや映画などなど

公式アプリ

放送が終わる8時半に公式のアプリでクイズがあり、正解者の中から抽選でプレゼントが当たります。また、間違い探しなどゲームやテレビでは見れないキャラクターたちの私生活のSNSが見れたり、コラボやグッズ、発売のおもちゃ、イベントなどのアナウンスがあります。

YouTube

予告編やゴーストの紹介、子供向けのガナダラソングだけでなく、ユーチューバーとのコラボ動画、ゴーストたちのかわいいイラストアニメーションや、主人公たちの成長後を描いた実写のスピンオフドラマも無料で公開されています。ドラマのハリが登場するゴーストの伝説や詳細を紹介してくれる動画やゴーストたちのかわいいキャラクターが一人ずつ怪談をするGHOST무서WARというシリーズはテレビでも放送されていますが、絵はデフォルメされていて怖くないはずなのに、オチがいつもほんとに怖い。夜一人で眠れなくなってしまいそう…。

また、YouTubeライブでファンミーティングも開催しました。

抽選会や登場する男子キャラクターたちと選ばれた人が電話でお話できるイベントも。もはやアイドルのファンミさながら!コロナ渦の子供の日に開催してくれました。

アプリゲーム

公式アプリでもゲームで遊べるほかパズルゲーム「ゴーストハンター(GETCHA GHOST)」(日本語対応)やキャラクターの着せ替えができる「シンバター」(日本語対応)、主人公のBFの弓矢のアクションゲーム「射手カンリム(ARCHER KANGLIM)」(韓国語英語のみ)が無料で楽しめます。番組の進行に合わせてキャラクターやイベントなどがアップデートされてアニメのシーンが楽しめます。他にもフィギュア連動のゲーム「ソウルファイターズ」やゴーストたちがメインの「GHOSTWAR」等があります。今はもう終了してしまいましたが、スピンオフドラマの延長で高校生になった主人公たちの恋愛ゲームがあったそうです。これからもどんどん増えそうですね。

ARカード

おもちゃ屋さんでも買えるトレーディングカードですが、ARマークがついている特別なカードが数枚に一枚あって、カードをアプリでスキャンするとゴーストが飛び出したりゲームができます。

今の子たちはこうやってカードで遊ぶのかと思うと、技術の進化ってすごいなと感心させられます。クイズゲームやパズルゲームなどカードによって様々なゲームができるのですが、間違えたり、時間内に終わらないと、ゴーストがとっても怖い顔と大きな音で画面いっぱいに脅かしてくるものもあるので要注意です。さすがゴーストアニメ…。こちらはシーズンごとに新しいゴーストやキャラクターのカードが発売されます。

怒涛のコラボレーションとグッズ

子供部屋を覗いてもすぐにこれだけ出てきます。

小学校の校門に立っているだけでも、シンビアパートのグッズを持った子供たちもとても多いです。シンビフォンというキッズフォンも発売されていて、小学生の人気の高さがうかがえます。マートでも帽子や手袋やスリッパ、パジャマや下着などが買えますが、シンビアパートは子供服のメーカーや靴メーカーさんなどともコラボしています。2022年の春には新学期に合わせてSHOOPENでコラボがありスニーカー、上靴、傘、レインコートなどの商品が並びました。マートに行けば食玩やソーセージやカップトッポキ、ウエットテイッシュや消毒ゲル、ハンドソープまで。文房具ももちろん売っているし、もう全部シンビアパートで生活できてしまいそう。

ハロウィンにはParis Baguetteとのコラボも。かわいいグッズも発売されました。

チキンプラスでのコラボ。シンビソースはわさびマヨソース、クンビソースはハニーマスタードでした。こちらはカード付でチキンプラスの特別なゲームができるARカードがついてきます。

2.5次元ミュージカル

シンビアパートはミュージカルにもなっています。テレビシリーズの物語の中から4作品がミュージカル化されています。2020年の夏、コロナで2回延期になりながらも家族みんなで行ってきました。コロナ渦でなければ直接キャストの人たちとハイタッチできたりするそうなのですが、残念ながらそれはできず。それでも子供たちの大合唱はすごかったです。人と映像をうまく合わせていて戦闘シーンやゴーストの登場シーンも大迫力。

写真撮影タイムがありました。

映画も2編公開され、他にもTVingで番外編が公開されました。オープニングをユンドヒョンが歌ったり、エンディングをOHMYGIRLが歌ったり話題は尽きません。4月から新シーズンが始まる予定で、今後の展開も楽しみです。

最初は「へえ、韓国の小学校ってこうなってるんだなあ」と思いながら見ていたシンビアパートですが、魅力的なキャラクターやゴースト達、そして豊富なコンテンツやグッズやコラボでもうすっかりハルモニハラボジ、オンマもアッパも家族みんな楽しんでいます。日本でも日本語で楽しめるので、二か国語比較してみても面白そうですね。2022年の4月から新シリーズが始まる予定なので妖怪が好きな人も、そういえばこのキャラ見たことあるぞという人も、子供が興味を持ち始めた人もぜひ。みんなで観たら怖くないですからね!

(情報は2022年3月現在のものです)

ライター(ちばちょごり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました